不妊治療をしている間、お酒を飲みたくなっても、やはり飲んではいけないという気持ちが勝り、時にはイライラすることがあるかもしれません。不妊治療中の飲酒についてお話しします。

不妊治療中の飲酒がいけないといわれる理由

身体の中にアルコールが入ると、胃や腸の消化器を通り、肝臓でアルコールを分解、解毒する作用があるのですが、その時に大量に発生するのが活性酸素です。活性酸素自体は悪いものではありませんが、大量に発生するとバランスが崩れてしまい、酸化を防ぐことが出来ずに酸化ストレスとなるのです。

酸化ストレスを卵胞内にある防御機能でも制御できない場合、卵子に与えられた悪影響で、卵子の質が低下してしまうのです。このことから飲酒はいけないといわれているわけです。

お酒は絶対にダメなの?

お酒に関しては、不妊との関係性は明らかになっていないのが現状ですが、データによると不妊の確立が増えるということは事実のようです。

しかし、お酒を飲みたいのに飲めないというストレスも、酸化ストレスを生む原因になります。元々お酒に強い体質の人と弱い体質の人がいるので、どれくらいの量ならばよいかということは言えません。ストレスが溜まるようなら、たしなむ程度なら構わないということです。

ポリフェノールを含んだ赤ワインは抗酸化作用があり、活性酸素を防ぐ働きがあるので、逆に妊娠を促進する作用があるとも言われています。

お酒は飲まない方がよいのですが、どうしても飲みたい時は赤ワインを少しだけ飲んでみてはいかがでしょうか。大切なことは、バランスの良い食事と規則正しい日常生活を送り、治療中はストレスが溜まらないように過ごすことなのでしょう。